上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モラタメでバルで飲んだ泡のサングリアを購入してみました。

2種類あって、まずは赤。
DSC_0161.jpg
見た目は結構な赤さなのですが、本格的な赤ワインのような渋みはほとんどありません
炭酸もそれほど強くなく、ワインテイストのお酒を飲みたいときにはいいと思います。
アルコールは7%とやや強めですが、スパークリングということで氷を浮かべて飲んだのでワインらしさを味わうには丁度よい度数かもしれません。
個人的にはもう少し炭酸強めでもよかったかも。
オレンジベースなのでフルーティな甘さが心地よいですね。


そして白。
DSC_0158.jpg
グレープフルーツベースで、赤よりも酸味があるせいか?炭酸も若干強めに感じました。
飲み心地としてはこちらのほうが好きかな。
果皮を含めた果実をまるごと使用する"果実まるごと製法"によって自然な果実の味わいを実現」されているようですね。
グレープフルーツだと苦くなってしまうのでは?と思っていましたが、苦味は「ほんのり」程度で爽やかな甘さがしっかり残っていて飲みやすかったです。


どちらも容量は300mlで、最初は少ないかな~と思っていましたが、7%という度数と氷を浮かべてゆっくり頂いたこともあって、1本飲むとナルホド、丁度いい量だな~と感じました。
また、ラベルがはがし易くゴミ捨ても楽だったのがポイント高いですね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。