FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震から10日が過ぎました。
TVではいつもの番組が復活してきてニュース自体が減ってきました。
でも、津波にさらわれたまま沖へ流されてしまった方や、津波を乗り越えてもその後の火災等で亡くなった方も多いのだろうなと心を痛めていました。
そういうニュースを見ない(放送されない)のは、やはり映像としては残酷すぎるからなのだろうな、と・・・思っていたら、やはり現実はTVで見るよりももっとずっと過酷なものだったのですね。

↓辰巳琢郎さんのブログ↓
http://ameblo.jp/tatsumitakuro/
3月15日18日の記事がとても衝撃的で、やはりそうなのか・・・と思ったのです。

引用は避けます。実際に読んでもらったほうが早いと思うから。
実際のところ真実かどうかはわからない。
でも、公的な避難所以外の場所にいる人達、原発により屋内退避となっている人達の現状はどうなっているのでしょう。
救援物資を送ったり、被災者を受け入れたりも、もちろん大切なことですが、いまだ救助発見されずに苦しんでいる人がもっといるのではないか。自衛隊や海外からの救助チームが頑張ってくれているのは知っていますが、まだまだ光の届いていない人や地域はたくさんあると思うのです。
震災発生からすでに10日。
自力で頑張るにも限度があるでしょう。
どうか一人でも多く、少しでも早く、生きている方々が命をつなぐチャンスを失わないように。
現実や真実を日本のみんなが受け止めて、一緒に歩いていけますように。

私には何もチカラは無く、歯がゆい思いでいっぱいです。
それでも、自分や家族が被災を免れたことをありがたく受け止め、健康に「いつもの生活」をしていこうと思います。
みんなで意気消沈してしまっては困った人と分かち合う余裕がなくなってしまう。
いつも通りの生活を軸にして、信頼できる機関へ募金をし、買占めなどせず、情報の取捨選択をしながらすごしていこうと思います。


yobikake1

yobikake3





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。