上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕凪の街 桜の国という映画、7月21日から広島で先行ロードショー・同28日から全国公開となります。

このお話が映画になるという情報が出始めたときから実は注目していました。
戦争がもたらした広島や長崎の現実は、鱗の住む街からは遠いものと捕らえがちになるのですが、日本人として知っておかなくてはならないことだとずっと考えていたのです。
そして被爆者の方々のエピソードは戦争の悲惨さや無情さだけでなく人としての大切な生き方を示唆していることもあると思うのです。

先行上映試写会を見た方々の感想には映画に深く感銘した思いが綴られていました。
原爆投下から13年後の女性が「生きている」ことそのものに罪悪感を抱くという下りはとても悲哀に満ちています。
そして現代を生きる女性が自分のルーツを知る。それについてきた様々な思いに触れる。そして自分を振り返る・・・。

いわゆる戦争映画のような悲惨なシーンはないものの、深く心に染み込んでいくような、過去と現在をつなぐ一つの筋があるようです。
そしてこれからも真実を秘めたまま未来へと行くのでしょうね。

もうすぐ終戦記念日。
この時期に上映が始まり、たくさんの人に見て貰うことはきっと、とても意味のあることなのだと思います。


この映画で現代の女性として登場する田中麗奈さんは作中で思い出の品や被爆の現実などいろんなものを受け継いでいます。
皆さんも両親や祖父母から受け継いだもの、なにかありますでしょうか?

鱗が受け継いだもの・・・って何だろう?
受け継いだのか、ただ贈ってくれたのかは微妙ですが、母から貰った小さな小さなダイヤのネックレスは宝物です(*^^*)
鱗がメガネをかけてやっと見えるか見えないかの小さなダイヤ。
ある意味これを作った職人さんに脱帽です(笑)
物であれ、気持ちであれ、「それと一緒に生きてゆく」ことが、「受け継いでゆく」ことなのでしょうね。


映画に興味を持った方はコチラ↓もチェック♪
夕凪の街 桜の国オフィシャルブログ

夕凪の街 桜の国公式サイトはコチラ












ランキング応援して下さると嬉しいです。
お時間のある方は左ランキング欄も押していって下さるともっともっとウレシイ!

  fc2rank

コメント大歓迎!
遅くなってもしっかりお返事させていただきます。

~PR~




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
去年の6月、長崎に行ってきました。
長崎原爆資料館や、爆心地、平和公園なども行きましたが、あまりにも自分が知らなかったことに、ショックを受けました。

原爆資料館では、目を覆いたくなるような展示が沢山あって、かなり辛かったんですが、行ってよかったと思いました。
やっぱり風化させてはいけないし、後世に伝えていかなければならないと感じましたよ。

私も結婚するときに、母から指輪を貰いました。
母の婚約指輪です。そんな大事なもの貰っていいのかなぁと思っちゃいました(苦笑)
でも嬉しかったですよ☆
2007/07/27(金) 18:42 | | maimai #mQop/nM.[ 編集]
maimai さん

長崎もそうですよね。
どちらかというと広島がクローズアップされがちですが、同じく行ってみたい場所のひとつです。
知らなくてはならないし、そう、風化させてはいけないものなんですよね。
いつかきっとこの身で感じてこようと思います。

2007/07/28(土) 11:28 | | 鱗 #pj1DWDpE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uroko.blog16.fc2.com/tb.php/375-285d02d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。